読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刺しゅう 購入でポイントを「貯める」ならAmazonより楽天です

おすすめ
小さいものなら何とかなるかもしれない、しかも、愛鳥の赤カナリアが載ってる!!迷うことなく注文し、無事に届いてページをめくると、どの鳥も本当に愛らしい♪ただ、作品集として眺める分にはいいのですが、レシピ本として考えると、初心者にはちょっと不親切な気もします。縫い方はいい加減だけれど!愛情込めて作ったので!一応!カナリアには見えるんじゃないかと…。刺繍に慣れている人であれば、それで充分なのかもしれませんが、私にはよくわからずに戸惑ってしまいました。

いまオススメの商品♪

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

刺しゅうちいさなとりの刺しゅう [ 誠文堂新光社 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

。ただ!前半はいいのですが!後半はステッチが雑です。なので、完全に自己流ですが、2点ほど、愛鳥の歌声をBGMにしながら何とか作ってみました。"誰か!プチポワンのような!金属枠で額装した刺繍アクセサリーを作ってくれないかな"!…刺繍がニガテな私は!なかなか自分でやってみようという気にはならず!かといって頼めるような人もいないまま時間だけが過ぎていきました。それであれば、図案に糸の運び方などが矢印で示されているかと思いきや、ステッチの名前と糸の色番が書かれているだけ…。作家さん3人の本なので!タッチが違うのは仕方ないのかもしれませんが…最終的には自分の腕ですね。ペンギンや鶴などの大きな鳥も載っています。クリエイターさんたちが丹精込めて仕上げた作品はどれも皆温かくてとても素敵。というのも!実物大の小さな鳥たちの画像が載っているだけで一切拡大された画像がなく!ハッキリと写っているものはいいのですが!個体によっては薄ぼんやりとその場所にいるのがわかるだけで!糸の流れなどが全く分からないものが多いのです。小物にあしらいたい、かわいい小鳥がいっぱいです。最近!ハンドメイド作品を販売しているサイトなどでフェルトに刺繍を施した動物ブローチをよく見かけます。そんな時に見つけたのが今回の「ちいさなとりの刺しゅう」です。欲しかった刺繍の額装アクセサリー、自作するきっかけを作ってくれた、「ちいさなとりの刺しゅう」に感謝です。